高額療養費のポイント

「高額」っていくらから?

 「高額」とは、同じ医療機関に支払った1ヶ月の自己負担額(入院時の食事費用や差額ベット代等保険外の負担は除く)が、上限額を超えた場合です。

世帯内で一部負担金の合算措置や、12ヶ月間に4回以上該当した場合の軽減措置もあります。

関連ページ

医療費の自己負担限度額(1ヵ月当たり)

高額療養費の算定方法

高額療養費の自己負担限度額は、次のように分けて計算します。

(1)

診療月ごとに計算(月の1日〜月末)

(2)

受診者ごとに計算

(3)

医療機関ごとに計算
(外来・入院・歯科は別々に計算します。更に総合病院は診療科ごとに計算します。)

(1)〜(3)で算定した結果、医療費負担額が21,000円以上あって、その合計額が自己負担限度額を超えていれば、高額療養費の対象となります。

診療月ごと
月をまたがって診療を受けた場合、各月の医療費負担が自己負担限度額を超えていなければ、複数月の合計が自己負担限度額以上であっても高額療養費は支給されません。

入院時食事療養費の標準負担額は対象になりません。

70〜74歳の方は、各診療科、病院・診療所、入院・通院、歯科を別々に計算せず、各月の外来と入院を別々に計算してください。

70〜74歳の人 医療費の自己負担限度額(1ヵ月当たり)

所得の区分

通院(個人ごとに)

通院+入院(世帯ごとに)

現役並み所得者

4万4400円

8万100円+(総医療費−26万7000円)×1%)通院+入院(世帯ごとに)

    多数該当:4万4400円

一般

1万2000円

4万4400円

月収28万円以上(サラリーマンの場合)、課税所得145万円以上の高齢者をいいます。

●高額医療費貸付制度

 高額療養費の支給を受けることが見込まれる者に対し、高額療養費の支給を受けるまでの間、療養に要する費用を無利子無担保で貸し付けします。
 【貸付額】高額療養費支給見込額の100分の80
但し、1,000円未満の端数の貸付は致しません。

申請書類はこちら

高額医療費資金貸付申込書

書式PDF

書類提出上の注意
A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。
申請書類は、健保に直接お送りください。
プリントアウト後、必ず自筆署名(自署でない場合は捺印)の上提出してください。

Adobe(R)ReaderLogo

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。

関連ページ

高額な医療費がかかったとき

このページの一番上へ