出産費貸付金貸付制度について

●出産費貸付金貸付制度について

対象者
 アイフル健康保険組合の被保険者又は被扶養者で、出産育児一時金の支給が見込まれる方のうち、次の1もしくは2に該当する方です。

1

出産予定日まで1ヶ月以内の方

2

妊娠4ヶ月(85日)以上の方で、病院・産院等に一時的は支払いを要する方

当健保の被保険者期間が1年以上あった者で資格喪失後6ヶ月以内に出産予定の方を含みます。

貸付金額
 一万円単位で最高30万4千円です。貸付金は無利子無担保で振込手数料を差し引くことはありません。

「最高30万4千円」とは、出産育児一時金等と産科医療補償制度掛金を合算した額の8割相当額にあたります。多胎であれば、胎児数×30万4千円です。

申込方法
 ページ下部の「出産費貸付金貸付申込書」に必要事項を記入し、必要書類とともに当健保へ提出して下さい。
必要書類

対象者1

母子健康手帳の写し、又は出産予定日まで1ヶ月以内であることを証明する書類(1)

対象者2

上記、対象者1欄1
医療機関等から出産に要する費用の内訳のある請求書の原本、または領収書の原本

申込みの際に、出産者が当健保の被保険者で、出産予定日前6ヶ月以内に当健保以外の資格があった場合、以前加入していた健康保険に対しては、資格喪失後の出産一時金請求をすることが出来ません。当健保への請求のみとなります。

貸付方法
 貸付が決定した場合は、申込者は「出産費貸付金貸付決定通知書」受領後、指定した金融機関口座へ振込まれます。
 貸付が出来なかった場合は、「出産費貸付金貸付決定通知書」及び、関係書類が返戻されます。

返済について
 出産後、当健保へ「【貸付用】出産一時金請求書」を提出して下さい。
 当健保が、借用者の代理で出産一時金を受け取り、その一部を返済金に充当し、精算後の残額を当健保が、指定金融機関口座へ振込みます。
その後、「保険給付決定通知書」と共に「出産費貸付金借用書」を返戻されます。

その他

届出事項

貸付申込者は申し込みを行った後、貸付金の返済が完了するまでに「出産費貸付金借用書」に記入した住所・氏名に変更が生じたとき、又は資格を喪失したときは速やかに当健康保険組合に申し出てください。

即時償還

貸付を受けたもの(借受人)が偽りの申込み又は不正な手段により貸付を受けたと認められる時は、直ちに貸付金の金額を返済しなければなりません。

出産育児
一時金が
不支給と
なった場合

貸付金に係る(家族)出産育児一時金が不支給となった時には、期日を指定して貸付金の全額を返済しなければなりません。

本人が退職した場合は、妻が出産しても「家族出産育児一時金」は支給されませんので、退職予定で貸付をご希望の方は注意してください。

申請書類はこちら

出産費貸付申込書

書式PDF

書類提出上の注意
A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。
申請書類は、健保に直接お送りください。
プリントアウト後、必ず自筆署名(自署でない場合は捺印)の上提出してください。

Adobe(R)ReaderLogo

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。

関連ページ

出産したとき

関連のQ&Aはこちら
このページの一番上へ